DMTea Ceremony Case

アヤワスカ茶が争われている最初の裁判

Kyoto DMTea Ceremony Case / 京都アヤワスカ茶会裁判

A cup of ayahuasca-analog tea liberated a hikikomori student from his suicidal ideation. An otaku man who offered the tea was arrested, but he insisted it was compassion of Bodhisattva at the court in Kyoto, an ancient capital of Japan.Kyo…

判決(京都地裁)

この記事は書きかけです。 京都地裁での判決は、西暦2022年9月26日、月曜日、13時20分から言い渡された[*1]。筆名、青井硝子被告に対し、実刑4年の求刑に対し、懲役3年、執行猶予5年の判決が下された。Acacia confusa(ソウシジュ)など、DMTを含む植物は…

再度の結審・第十八回公判

西暦2005年7月5日、火曜日。京都地方裁判所。 公判に先立って、裁判所の斜め奥にある弁護士会館で、喜久山弁弁護士による説明会が行われた。同志社大学政策学部で行政法を研究している中尾祐人准教授が十名ほどのゼミ生を連れて実習に来ていた。弁護人に次い…

違法求刑・判決延期 ー京都アヤワスカ茶会裁判ー

違法求刑 判決延期 関係者の見解 追記 違法求刑 令和4年1月11日に京都地裁大法廷で行われた結審で、立川検事は青井被告に実刑4年を求刑した。そして安永裁判長は、5月9日に判決を下すと決定した(→「結審」を参照のこと)。判決まで4ヶ月も要する理由が説明…

検察側から提出された論文

(この記事は書きかけです) 内藤裕史(2011).『薬物乱用・中毒百科 : 覚醒剤から咳止めまで』丸善. トリプタミン系幻覚剤とMAOIについての記述 死亡を含む健康被害が報告されている 弁護側の反論:健康被害はMAOIを併用した場合のみである。別のページには、…

裁判官・検察官・被告人・弁護人・証人

裁判官 検察官 被告人・弁護人 証人 裁判官 裁判長 安永武央(京都地方裁判所第3刑事部)(2021年4月〜)←芝山智(2020年6月〜2021年3月)(京都地方裁判所) 裁判官 村川主和(京都地方裁判所第3刑事部) 牛島賢(京都地方裁判所第3刑事部) 検察官 公判担…

「姉み」の挑発 ー 遵法闘争としてのマゾヒズム

青井被告が「検事さんをゆるしてあげてください」といっているのは、具体的には、彼を起訴した女性検事のことを指していると思われる。これを福音書のごとく解釈し、彼を、人類の原罪を購うために十字架を背負う救世主とみるのは、行きすぎた個人崇拝だろう…

被告人質問 ー京都アヤワスカ茶会裁判ー

京都地裁では2021年11月10日に二名の弁護側証人尋問が行われ、午後には青井被告に対する被告人質問が行われた。以下は、被告人質問における青井被告の発言の一部を抜粋して整理したもの。被告人が検察官に向かって長々と説諭するのは異例のことらしい。しか…

結審(第十六回公判)

西暦2022年1月11日、13時30分。京都地方裁判所、101号、大法廷。 京都地方裁判所 三人の裁判官が法廷に入る。全員が起立し、一礼した。検察官による長い論告が早口で読み上げられた。今までの1年半、争われた内容を総括しているのだから、内容が長い。検察官…

京都アヤワスカ茶会事件の時系列

年月 日付 出来事 2015年 8月 青井硝子、同人誌『煙遊びと薬草』を創刊 2016年 8月 青井硝子、『薬草協会』を設立 2017年 11月 韓国でアヤワスカを輸入した人物が逮捕、有罪判決[*1] 2018年 2019年 7月 24日 京都の大学生がアカシア茶を服用。京都家庭裁判所…

接見の記録

最初の接見 アイデンティティという仮構 「姉み」コンプレックス 本来無一物 両親との面会 事象そのものへ 「薬草協会」 ハディージャ 「酔い」の三類型 「インドール酔い」としての瞑想 自由という刑/自由からの逃走 酔いを醒ます酔い 最初の接見 青井被告…

第九回公判・第十回公判

この項目は、書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています。 新年度・裁判長交代 芭蕉布の相思樹染 医療行為は正当行為か 宗教行為は正当行為か 日本における「宗教裁判」 「ヒーリング」と「崇高な光」 欧米圏における「…

Kyoto DMTea Ceremony Case -Time series of events-

Date Case of Aoi Glass Other 24/07/2019 A university student purchased acacia wood chips from the "Medicinal Herb Association" operated by Aoi Glass and had it as tea at his home in Kyoto Prefecture. A few hours later, he complained of phy…

Eppur si muove -The Third Trial-

Attorney's statement of opinion Tea has not been regulated as a drug Ayahuasca religion from Brazil Abnormal prosecution and interrogation Defendant's counterargument to the prosecutor Attorney's statement of opinion At the third trial hel…

Tea and Zen are of One Taste - The Second and Forth Trial -

The Second Trial The Fourth Trial The Second Trial At the second trial held in July 2020, the following questions and answers were exchanged.The prosecutor insisted "On March 3, 2020, when the defendant was arrested, DMT was detected in th…

Why DMT?

The same substance is biosynthesized in animals and plants The exogenous substance and the endogenous substance are the same Is "drug in the brain" "possession" of "drug"? The same substance is biosynthesized in animals and plants DMT is a…

The First Trial

Kyoto, Japan.8th June 2020 in Christian Era, or 2563 in Buddhist Era. Kyoto District Court is built facing the south gate of the Kyoto Imperial Palace.I entered the court. It is prohibited to record in the court. The judge declared the sit…

Ayahasca as Tea Ceremony

In 2008, when I was interviewed for a news program, I heard from an acquaintance that he had participated in a Santo Daime service in Nara. When I went to see him, he showed me the chant collection used in worship. In addition to the Portu…

Caso da Ceremônia d-O Chá Ayahuasca en Kyoto - O Primeiro Julgamento para a Planta DMT no Japão -

O que é chá, ferver água, colocar plantas, beber o chá.[*1] - Sen no Rikyū[*2] This essay is temporary written in English and Japanese. These texts will be translated to Portuguese.ContentsBhodhisattva - The 1st Trial -Author's point of vi…

List of submitted papers

・Minoru Goto, Tomoaki Noguehi, and Takeshi Watanabe. (1958). Studies on Useful Components in Natural Sources. XVII. Studies on Uterus Contracting Ingredients in Plants. (2). On Uterus Contracting Ingredients in Lespedeza bicolor TURCZ, va…

弁護側から提出された論文

DMTは多くの植物に含まれており、飲用されている ヤマハギ茶にはDMTが含まれており、薬草茶として用いられてきた ミカンやレモンにはDMTが含まれている 尿中に排出されるDMTについて 経口摂取したDMTは1日以内にほとんど排出される DMTは哺乳類の脳内で生合…

Saudade do Brazil

Peru Brazil "I hate traveling and explorers. Yet here I am proposing to tell the stories of my expeditions." [*1] -The beginning of the well-known "Sad Tropical", but I agree.I don't want to entertain people with the fact that the natives …

Fifth and subsequent trials

The four trials, from the fifth trial in November 2020 to the eighth trial in March 2021 (scheduled to take place), will end with a brief exchange between the prosecution and the defense. , The stalemate continues.From January 8th to March…

Author's point of view

In an emergency situation due to COVID-19 infection, Japan's first trial over the legality of Ayahuasca has begun.However, even if you tell most Japanese about this, almost no one knows about the hallucinogenic plants used by the indigenou…

Issues in the Kyoto Ayahuasca Tea Ceremony Trial

0, DMT in urine-is it derived from tea? Urinalysis of Defendant Aoi Prosecution's claim Defense counterargument Prosecution's counterargument Defendant Aoi's counterargument 1, Definition of narcotics-Is tea a drug? Prosecution's claim Def…

Kyoto DMTea Ceremony Case -Time series of events-

The Case of a University Student The Case of Aoi Glass Arrest and Detention Indictment trial The Case of a University Student 24th July 2019 A university student purchased acacia wood chips from the "Medicinal Herb Association" operated by…

第二回拘置理由開示裁判

京都簡易裁判所で行われた、第二回拘置理由開示裁判における青井被疑者の意見陳述 そして、私がこれを皆さんにお勧めする理由ですが、精神病になった人が精神病院にかかって回復する率は2割程度です。ツイッターでアンケートをとったところ、これも2割程度で…

第一回拘留理由開示裁判

京都簡易裁判所における青井被疑者の意見陳述 覚せい剤を使用している人は暴れますが、アカシア・コンフサを常用している人は感謝と愛をモットーにしています。お茶にしたのは、施用者の安全のためです。『図解!うまくいく清澄方法』に書かれているとおりで…

著者の見解

新型コロナウイルス感染症による緊急事態下で、日本で最初となる、アヤワスカの合法性を争う裁判が始まった。しかし、このことを、たいがいの日本人に話しても、南米の先住民族が使用している幻覚植物のことなど、ほぼ誰も知らない。また、日本をはじめ、非…

Kyoto DMTea Ceremony Case -The First Trial to Judge Ayahuasca in Japan -

What tea is, boiling water, putting plants, drinking it. - Sen no Rikyū[*1] ContentsBodhisattva - The First TrialAuthor's point of viewKyoto DMTea Ceremony CaseKyoto DMTea Ceremony Case -Time series of events-Issues in the Kyoto Ayahuasca …